潜伏期
 3〜6日

流行期
 通年、毎年5月頃より増加し始め、6〜7月にかけてピークとなり8月には減少

感染経路
 感染者からくしゃみや咳で飛び散った唾液や便に含まれるウイルスが周囲の人の口に
 入って感染する。感染者が使ったタオルやコップ、発病した赤ちゃんのオムツの
 世話をした後の手を介した感染。

主な症状
 
38℃を超える高熱が突然起こる。熱は2〜4日続き、その間、のどの腫れが小水疱や
 潰瘍へと進んでいく。通常は一週間程度で症状が落ち着く。

合併症 
 まれに髄膜炎をおこす場合がある。

予防 
 基本的な手洗い・うがいを習慣づけること。ウイルスはアルコールには抵抗性があるので
 排泄物を扱う時には手袋をする。
 (ヘルパンギ―ナの原因ウイルスは、主な症状から回復したあとも2〜4週間に
  わたって便から排出されます!!)

登園基準
 熱が下がり、のどの痛みもとれて、食事も含めて普通の生活になったら

対処方法 
 何日も高熱が続くが、熱さましを使いすぎないように。
 暑がるようなら涼しくしてあげてください。
 食事はのどの痛みが強いため、余計食欲がなくなります。栄養はなくても少しずつと
 れていれば大丈夫。酸っぱい物や醤油、ソースは嫌がります。
 水分は十分にとらせてください。(麦茶・イオン飲料など、あっさりしたもの)
 入浴は熱があっても特に具合が悪そうでなければ汗を流すこと大丈夫。

 のどの痛みが強く水分も全くとれないときや、高熱が4〜5日続くとき、
 元気がなくぐったりしているときはもう一度診察を受けましょう。

ヘルパンギ―ナ