百日咳
 
1.潜伏期間
   5〜14日

2.感染流行期
   春から夏、秋にかけての発生が多く、流行の周期は2〜5年

3.感染経路
   飛沫感染、接触感染

4.症状
   1)カタル期(2週間)
     普通のかぜ症状
   2)痙咳期(2〜3週間)
     発作性のけいれん性の咳がおきる
     短い咳が連続的におこり、続いて息を吸う時に笛のようなヒューという音が出る
     しばし嘔吐を伴う
     発熱はないか、あっても微熱
     顔面の静脈圧が上昇し、顔面浮腫、点状出血、眼球結膜出血、鼻出血などが見られることがある
     年齢が小さいほど、症状は非定形。乳児期早期では特徴的な咳がなく、
     単に息を止めているような無呼吸発作からチアノーゼ、けいれん、呼吸停止をおこすこともある
   3)回復期(2,3週間)
     激しい発作はしだいに減衰し、2〜3週間で認められなくなるが、その後も時折忘れた頃に
     発作性の咳が出る
     全経過、約2〜3か月で回復する

5.合併症
   肺炎、脳炎

6.治療
   マクロライド系の抗菌薬
   痙咳に対しては、鎮咳、去痰薬、場合により気管支拡張剤
   重症例では、ガンマーグロブリン大量投与

7.予防
   DTPワクチン
   また、年齢、予防接種歴に関わらず、家族や濃厚接触者にはマクロライド系抗菌薬を
   10〜14日予防投与する

8.登園基準
   特有な咳が消失するまで
   *医師の登園許可書が必要です

9.もしかかってしまったら
   咳の発作を誘発しないような注意が必要
    室温は20℃以上、加湿器等で室内の湿度をあげる
   食事は消化が良く、刺激の少ない物がよい
   乾燥した食物あるいは粉末状の食物も咳を誘発する可能性があるので、控えた方が良いでしょう
   タバコ、煙、ほこりは避けましょう