1.潜伏期間  
  5〜
7日です。

2.流行期   
  夏に多い疾患です。

3.感染経路  
  主に飛沫感染(せき)です。プールでは結膜からの感染や経口感染(口から入る)も
  考えられています。小学生・園児の間で流行します。

4.主な症状 
    39
40℃の高熱で始まり、頭痛・食欲不振・のどの痛み・首のリンパ節の痛みと
  腫れが目立ちます。

  また、結膜炎にともなう真っ赤な眼・眼の痛み・まぶしさ・眼脂(目やに)がみられます。
  主な症状は3〜5日(長い子で
1週間ほど)持続したあと治癒していきます。

5.合併症  
  アデノウイルス7型感染では重症肺炎をおこす場合があります。

6.予防   
  感染者との密接な接触を避けること(特に兄弟間)、うがいや手洗いを励行することが
  大切です。またプールに入る時は、水泳前後に十分シャワーを浴びましょう。

7.登園基準 
  解熱し、のどの痛み、結膜炎が治ったあと、
2日間は登園できません。
  安静にして体力の回復を待ちましょう。

8.感染時の対処方法 
  特効薬はなく、症状を抑える治療が中心です。
  何日も高熱が続きますが、熱さましを使い過ぎないようにして、
  暑がっていたら涼しくしましょう。
  食事はのどの痛みが強いので、酸っぱい物・しょうゆ・ソースは避けて、
  栄養はなくても少しずつとらせていきます。
  水分は十分に、例えば麦茶やイオン飲料などあっさりしたものをとらせるといいでしょう。

  ※のどの痛みが強く水分も全くとれない時はもう一度受診しましょう

プール熱(咽頭結膜熱)