12月の感染症発生状況
報告:平成30年1月19日
        クラス
  
 疾患
ストロベリー1 ストロベリー2 オレンジ ピーチ メロン パイナップル 合計
 感染性胃腸炎  0名  0名   1名   3名  1名  0名  5名 
溶連菌感染症  0名   0名   0名  1名   0名   0名  1名 
12月は上記の感染症の報告がありました。

<群馬県の感染症発生状況>〜第47週(11/20〜11/26):11月28日更新

  
県内で多くの報告があった感染症及び地域は、次のとおりです。
   ●A群溶結性レンサ球菌感染症:富岡地域、太田地域
   ●手足口病:富岡地域、渋川地域、安中地域
   ●水痘:安中地域
   ●RSウイルス感染症:渋川地域、前橋市
   ●咽頭結膜熱(プール熱):太田地域、前橋市、高崎市
   ●インフルエンザ:富岡地域、館林地域
前橋市
   
  ★インフルエンザが増加してきており、県内で学級閉鎖も増えてきています。
   手洗いやマスクの着用など感染予防対策を心がけましょう。
 
                                 (群馬県ホームページより)

 これらの病気の感染経路の多くが「飛沫感染」「接触感染」です。
 この二つの感染経路の予防で最も効果のあるのが、『手洗い』です。
 また『手洗い・うがい』は衛生習慣の基本として身につけなければいけないものの1つですので、
 引き続き保育園全体でしっかり取り組んでいこうと思います。
 なお、ご家庭でも、手洗い・うがいの習慣づけをよろしくお願いします。