脱臼(肘内障)について
関節を作っている骨同士の関節面が正しい位置関係を失っている状態のことで、完全脱臼と不完全脱臼(亜脱臼)とがあります
肘内障とは、肘の関節が亜脱臼をおこしたもので、急に手を引っ張られたり、腕を下にして転んだりした時に、肘の骨が靭帯からはずれておきます。
<症状>
  ・痛み
  ・腕を動かそうとしない
  ・腫れる事はない


<治療>
  徒手整復


<ポイント>
  脱臼は一刻も早く元に戻す事が大切です。
  素人判断で無理に関節を入れたりせずに病院に行きましょう。
  一度亜脱臼をおこすとクセになり抜けやすくなります。抜けた経験がある場合は、
  その後の対応には注意しましょう。