<感染経路について>
1.飛沫感染
  約1〜2mの範囲内という非常に近くで、咳やくしゃみ、会話をしている時に、唾液やつばなどによってうつる可能性の高い感染症
   ex)インフルエンザ、風疹、百日咳、溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎
 

2.接触感染
  便や嘔吐物などに混じった微生物との接触、または手すりやドアノブ、蛇口などとの間接接触によってうつる可能性が高い感染症
   ex)感染性腸炎、ロタウィルス感染症、RSウィルス感染症、単純ヘルペス


3.空気感染
  空気中を浮遊している病原体によってうつる可能性の高い感染症
  また、乾燥に強い呼吸器系ウィルスが塵やほこりに混じって衣類や寝具、床などに付着した物を吸入して感染する塵埃感染という形式も含まれる 
   ex)インフルエンザ、肺結核、麻疹
     塵埃感染…麻疹、風疹、インフルエンザ、水痘、流行性耳下腺炎、アデノウィルス感染症

4.経口感染
  病原菌のついた食物や手から口を経由してうつる感染症
   ex)ブドウ球菌

5.経皮感染
  動物に咬まれたり、虫に刺されて腫れた傷口から病原菌が侵入してうつる感染症
   ex)日本脳炎、狂犬病
 感染症には、様々な感染経路=感染の仕方があります。
流行性の感染症が身近で発生した場合、感染経路を断つ事で罹患する確率も減ります。