感染症の潜伏期間について
■各ウィルスの潜伏期間■ 

   麻疹(はしか)                       10〜12日
   風疹(三日はしか)                    14〜21日
   水痘(水ぼうそう)                     14〜21日
   流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)            14〜21日
   インフルエンザ                       1.5〜2日
   伝染性紅斑(りんご病)                  7〜18日
   単純ヘルペス                        4〜6日
   ポリオ                            7〜21日
   手足口病                          2〜7日
   A型肝炎                          14〜40日
   B型肝炎                          80〜180日  
  感染症の場合、病原体が体内に侵入してから最初に症状が現れるまでの期間の事を
 潜伏期間といいます。
  この潜伏期間は感染症ごとにほぼ一定しています。

  園内で感染症が流行り始めたら、お子様のその感染症に罹ったかをを確認して、
 もし罹っていないようならその期間は注意深く観察してみるようにしましょう。